Teaser

SINCE 1948 A STRONG PARTNER FOR HAIRDRESSERS

1948年以来、ゴールドウェルはスタイリストたちの心強いパートナーです。

1920

創設者:
ハンス エーリッヒ ドッター 

彼の実家は生地問屋を営み、サロン業界に関わりのある家系では
ありませんでした。
彼のビジョンは、スタイリストのビジネスパートナーになる会社を
つくり上げること。

Erich Dotter Neu

1948

創世記:
ゴールドウェルの基盤づくり

ドッターは、化学品の工場を設立。
スタイリストのため、ヘアコスメの製造と販売に力を注ぎました。
ドッターのフィロソフィー:それはスタイリストが求める先進的で
高機能な商品を提供することでした。

Fabrik Neu

1948

最初のゴール:
理想を形にする

第一号の商品。
チオグリコール酸技術を採用したコールドパーマを発売。
室温で使用できるため、
スタイリストにもお客さまにも使い勝手のよさが喜ばれました。

Flasche Neu

1956

会社の成長と拡大:
シャンプーディスペンサーシステム

ゴールドウェルは、シャンプーディスペンサーで
ケアカテゴリーへの第一歩を踏み出します。
ディスペンサーシステムは非常に経済的で、
まさにプロフェッショナル向けの商品でした。

p6

1956

さらなる成長と、より一層の拡大:
スプリューゴールド

スプリューゴールドを発売しスタイリングカテゴリーに進出。
スプリューゴールドは、最新のエアゾール技術と優れた機能を備え
今もドイツでNo.1のヘアスプレーです。

p7

1958

初の海外進出

ドイツ以外の国でビジネスを展開。まずイギリスに進出しました。

p8

1971

新たなカテゴリーへの進出:
トップモデル/トップシック

さらに急成長領域のカラーカテゴリーに進出し、
スタイリストたちのニーズを見事にとらえました。

p9

1976

革新、そして成長と発展:
バイオフォルム

 パーマ剤「エアフォームド」発売。
髪と頭皮を優しくケアするユニークな
「エアボーイ」アプリケーションツールとして誕生。
今も「トップフォルム」として販売されています。

p10

1976

革新、そして成長と発展:
バイオライフ

サロン専用品として、最初のヘアケア・スタイリング剤をライン発売。

p11

1976

革新、そして成長と発展:
トレンドライン

ゴールドウェル初のスタイリング剤フルライン発売。

p12

1978

革新、そして成長と発展:
トップシックデポシステム

高い精度で常に同じカラーを再現できる、
便利なカラーリングローションデポシステムを新開発。

ユニークなカラーマットは、使いやすく、安全で清潔なカラーリングを
可能にするために実用化され、今なお優位性を誇っています。

p13

1979

北米進出

ゴールドウェル大西洋を渡る。
1.1979年、北米テストマーケットのためにカナダへ進出。 
2.1982年、アメリカへ。

1981

 
Tコンピュータによるカラーレション

最先端のコンピュータによるヘア診断や、サロンでの
すべてのカラーリングをカバーする新しいテクノロジーを導入。

最新の注意を払って開発された7万以上の処方は、
お客さまから厚い信頼を得ることになります。

1983

オーストラリア進出

1984

革新、そして成長と発展:
ケラシルク

高性能なヘアケアライン発売「シルクのような髪へ」。

1986

革新、そして成長と発展:
カラランス

世界初pH6.8の微酸性酸化型カラーを開発。

カラーバランシング、カラーパーミング、ミニカラーの
3つの新しいカラーリングサロンサービスを発表。

1988

革新、そして成長と発展:
ル コワフュール

サロンとのコラボによるヘアケアラインを発表。

1989

花王とのパートナーシップ

1989年、花王株式会社の経営理念に
ゴールドウェルとの共通性を見出し、資本提携を受けます。

1994年に花王株式会社はゴールドウェルの株を100%取得しました。

ドッターが花王とパートナーシップを結んだ理由。
それは共感できる価値観と、サロンに特化するビジネスを
尊重する花王の姿勢からです。

花王もまた共通の価値観があり、
高い専門知識に基づいた経験を持つゴールドウェルを選びました。

1989

アジア市場への進出

1992

革新、そして成長と発展:
オクスキュアプラテン

サロン市場で初めて粉が舞い上がりにくい
パウダーブリーチの特許を取得。
ブリーチオクスキュアプラテンは1970年に発売されています。

1992

プロスキン

プレミアムスキンケアライン発売。

1995

革新、そして成長と発展:
ディフィニション

特許を取得したフルーツ酸の技術により、世界のケアブランドへ。

2001

革新、そして成長と発展:
エルーメン

新技術で真の躍進を遂げたゴールドウェルは、
自社の独自技術と花王の特許を活かしたカラーラインを発売。
ブランドイメージを高めました。

2004

イメージの刷新:
トレンド ズーム/カラー ズーム

ゴールドウェルが最も重要視する、トレンドイメージの発信。

2004年:トレンドズームコレクション。

2007年:トレンドズームチャレンジ ヘアドレッサーコンペティション。

2010年:「カラーズーム」。カラーリングに焦点をあてた、
世界規模のコンペティションです。 

2005-2006

革新、そして成長と発展:
後のスタイルサイン

花王のエラストーマー技術による、ゴールドウェルの本格的な
グローバルスタイリングライン発売。

2009

革新、そして成長と発展:
シルクリフト

強く、クリアで明るく、肌にやさしいライン。

2012

革新、そして成長と発展:
ネクタイヤ

時代のトレンドとして消費者はもっと髪にやさしい
カラーサービスを求め始めました。
ネクタイヤは、革新的な花王の技術を活かして誕生した
アンモニアフリーのヘアカラーです。

2013

革新、そして成長と発展:
ニューケラシルク

自宅でも使用できる初のカスタマイズ可能な
ケラチントリートメントを発売。

2014

ブランドの刷新:
私たちはスタイリストと共に考えます。

新たなコミュニケーション戦略による事業を展開。
それは「本物のパートナーシップを通じて、
サロンのサステナビリティを創造し続けること」です。 

You have successfully withdrawn from the Google Analytics measurement process.
Page Top